• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

チーム情報

契約更改情報

契約更改情報 12月2日(木)

山下舜平大投手

コメント:
今シーズン、結果だけを見るとあまりよくなかったですが、経験値のなかった自分が、勝ち負け関係なく1年間ローテーションで投げさせていただいたことは、大きな収穫になりました。
野球の見方も変わってきましたし、投手としての考え方もわかってきました。
ストレートをもっと良くしたいと思っていますが、試合で必要なことはキレとコントロールだと感じたので、そういったところを高めていきたいです。
来シーズンは一軍で5勝を目標に一日一日を大切に過ごしていきます。

≫山下舜平大 投手のプロフィールはこちら

中川颯投手

コメント:
チームの優勝は嬉しかったですが、一軍で1試合しか投げられなかったですし、CS、日本シリーズの場にいられなかったことの方が何百倍も悔しいです。
一軍での登板は無失点に抑えられましたが、自分の思い描いたような抑え方ではありませんでした。
抑えるべくして抑えなければ、一軍で活躍するには難しいと実感しました。
悔しい思いも多かったですが、ファームで41試合に登板し、先発、救援、ロングリリーフなどを経験し、大きなケガ無く1年間投げきれたことは収穫になりました。
何が必要なのかを明確にしながら、オフシーズンの練習に取り組み、一軍相手に年間を通して投げられるように頑張っていきたいと思います。

≫中川颯 投手のプロフィールはこちら

前佑囲斗投手

コメント:
昨年に比べると変化球の精度も上がってきて、自信を持って投げられることも多かったと思います。
また、相手に向かっていくメンタル的なところも向上してきたと思います。
球団から期待しているといっていただきましたので、来シーズンは必ず一軍で投げられるように頑張っていきます!

≫前佑囲斗 投手のプロフィールはこちら

宇田川優希投手

コメント:
同級生の選手たちが活躍する中、自分は見ている事しかできなかったので、悔しいシーズンになってしまいました。
ピッチングも良い時と悪い時がはっきりしていて課題も多く見えてきました。
変化球の精度、特にフォークを決めたい時に決められるように、シーズンオフから取り組んでいきたいと思います。
来シーズンは、まずファームで結果を出して、支配下選手登録を勝ち取り一軍で投げられるように頑張ります!

≫宇田川優希 投手のプロフィールはこちら

平野大和選手

コメント:
今シーズン、チャンスの場面で代打で起用してもらうなど、実戦の中でいろいろな経験をさせていただきました。
シーズン終盤は、力まず自分らしい打撃の形ができていたと思います。
3年目の来シーズンは結果が求められてくるので、とにかく結果にこだわりながら支配下選手登録を目指していきます。

≫平野大和 選手のプロフィールはこちら

釣寿生選手

コメント:
今シーズンは配球面など、勉強することばかりの一年でした。
打者一人一人に対して、根拠のある配球を大事にして、来シーズンは自分がチームを引っ張っていくつもりでやっていきたいと思います。
オフは、スローイングの安定をテーマに下半身の強化をしていきます。
来シーズンこそ支配下選手登録選手を勝ち取れるように頑張ります。

≫釣寿生 選手のプロフィールはこちら

鶴見凌也選手

コメント:
昨年は2軍戦に出場できず、今年は出場できるようになったので良かったです。
初打席でヒットを打つことができ良いスタートをきれましたが、キャッチャーとしてチームを勝利に導く事が中々できませんでした。
肩の強さが武器なので、それをアピールしようと力んでしまい暴投してしまうなど反省点が多く見つかりました。
これから新しい選手が多く入ってくるので負けないように支配下登録目指して頑張りたいと思います。

≫鶴見凌也 選手のプロフィールはこちら