• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • YouTube

2020/01/26(日)

チーム

アダム・ジョーンズ選手 入団発表記者会見

本日1月26日(日)、関西空港内のホテルにてアダム・ジョーンズ選手の入団発表記者会見が行われました。

アダム・ジョーンズ選手 入団発表記者会見

福良淳一ゼネラルマネージャー兼編成部長のコメント

ここ数年得点力不足を悩んでおり弱点だと思っているので、そこをカバーしてくるのはアダム・ジョーンズ選手だと思いました。若い選手が多いので、若手には言動全てが勉強になりますし、成長できると思っています。これだけの実績がある選手ですし、キャプテンシーもあるので、若い選手が見て全てが勉強になると思います。

アダム・ジョーンズ選手コメント

Q:到着ゲートを出て多くのファンに駆け寄られたと思います。あの時の気持ちはいかがだったでしょうか。
A:非常に暖かく迎えていただいたと思います。子供に戻ったような感じで飛行機に乗っていました。日本に着いてからあのようなことが起きるとは予期していなかったのですが、あのような形で色んな方に迎えていただいて、本当に暖かく迎えてもらったと思います。

Q:過去にWBCで日本代表と対戦した経験があると思いますが、日本の野球や日本の投手についての印象はどうでしょうか。
A:日本代表は、日本の中でもトップの選手が集まっているという印象を受けました。また日本の選手の能力が高いこともわかっていましたし、日本のチームの準備の仕方についても非常に参考になると思いました。アメリカとは試合の仕方や準備の仕方、スタイルが違うと思いますが、そのような面で自分も影響を受けました。
アメリカでは日本人選手とプレーすることがあったり、日本人選手の練習を見ていたことがあったので、このような機会をいただいて日本でプレーすることに非常に光栄に思います。
また、日本では文化や食べ物が違ったりすると思いますが、新しいことにチャレンジをして楽しみたいと思います。そして最後には勝利に繋げたいと思います。

Q:日本のプロ野球でプレーすると決めた理由、オリックス・バファローズを選んだ決め手は?
A:決め手は非常にシンプルです。妻と海外で暮らしたいと話している中でオファーをもらい、野球ができると思ったのが理由です。
また、プロ野球を経験している色んな選手から日本の良いことを聞きました。例えば(昨年まで在籍していた)マレーロ選手だったりね。
良い話を聞いていたので、簡単に決断をすることができました。また、このような機会はなかなかないと思うので、いい機会だと思いました。なかなかこのような決断をすることは難しいと思いますが、自分はユニークな人間なので、最終的にこの決断に至りました。

Q:今、マレーロ選手の名前が出ましたが、ダイヤモンドバックスでチームメイトだった平野佳寿投手から移籍に関して何かアドバイスはありましたか。
A:契約するときには平野投手から特にアドバイスはありませんでした。ただ、日本人のトレーナーがダイヤモンドバックスにいたので、いつもいい情報をもらっていました。自分のケアもよくしてくれていましたが、日本に来れば楽しめるんじゃないかとポジティブな良い意見を色々もらっていたので、すごく参考になりました。
また、(かつてのチームメイトの)上原浩治氏からも、日本のファンは楽しませてくれるので試合も楽しめるんじゃないか。そして、私生活も楽しめるんじゃないかと聞いていたので、日本に来て非常に楽しみにしています。球場では極力リラックスしてプレーしたいと思います。

Q:アメリカと同様の活躍をするために日本で必要なことはなんだと考えていますか。
A:日本での成功の鍵は、まずは健康第一ということです。体が健康で怪我無くプレーができれば良い仕事ができると思っていますので、健康でいることが一番だと思っています。
そして、試合に対して準備をして、チームメイトだったり、コーチの方だったり、ファンの皆様に健康な状態でお会いしたいと思います。また、マッサージもしっかりと受けて健康に保ちたいと思います。

Q:オリックスには若くて才能のある選手が非常に多くいます。ジョーンズ選手のキャリアの中でどんなことを伝えられますか。福良GMからも先ほど期待の声がありましたが、その辺りはいかがでしょうか。
A:自分はメジャーリーグでも経験があるので、オープンブック(本を開いた状態)という形でいたいと思っています。ですのでいつでも質問してもらいたいです。
おそらく自分もチームメイトに対して質問が出てくると思うので、自分も質問をしていきたいと思います。自分は正直でいたいと思いますし、自分自身を変えたくはないので、皆さんから聞かれたことは正直に答えたいと思います。できることはチームメイトの為に全て応えてベストなチームメイトでいたいと思います。

Q:この会見場にも多くのファンが駆けつけています。24年ぶりのリーグ優勝、そして日本一に向けて、期待するファンに向けてメッセージをお願いします!
A:優勝するということは保証できません(笑)。ただ、自分が確実に保証できることは一生懸命やることです。そして勝てるようにプレーすることです。
自分が一生懸命やるところを見てほしいのですが、春のキャンプだったり、シーズンに入って京セラドーム大阪やほっともっとフィールド神戸でファンの皆さんに会えることを非常に楽しみにしています。
自分は言い訳はしないので、常にこの形でプレーしてきました。それは皆さんにお見せできると思います。保証します。

ジョーンズ選手のプロフィールはこちら