• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • YouTube

2019/06/27(木)

チーム

ジョーイ・メネセス選手のアンチ・ドーピング規定違反について

オリックス・バファローズでは、本日6月27日付けで、NPBアンチ・ドーピング調査裁定委員会よりアンチ・ドーピング規定違反に対する制裁の通知がありましたので、お知らせいたします。
今回の事態により、日本野球機構、ならびに、ファンの皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけすることとなり、心よりお詫び申し上げます。
制裁の内容等は下記の通りです。

ジョーイ・メネセス選手のアンチ・ドーピング規定違反について

制裁の内容

ジョーイ・メネセス選手に対する2019年6月27日から2020年6月26日まで、1年間の出場停止処分

経緯と理由

2019年4月9日(火)にZOZOマリンスタジアムで行われたドーピング検査においてジョーイ・メネセス選手から採取された検体より、世界アンチ・ドーピング機構(WADA)禁止表国際基準の禁止物質「蛋白同化薬」で指定されているスタノゾロール(stanozolol)の代謝物であるヒドロキシスタノゾロール(hydroxystanozolol)が検出されました。

当球団の対応

ジョーイ・メネセス選手、ならびに、当球団はNPBアンチ・ドーピング調査裁定委員会による裁定を受理し、当球団はジョーイ・メネセス選手との選手契約を解除する手続きを行いました。

《ジョーイ・メネセス選手コメント》

昨年まで米マイナーリーグでプレーしていた際、幾度かドーピング検査を受けましたが陽性になったことは一度もなく今回の結果にはショックを受けています。
しかしながら現実を受け止めるしかなく、処分を受け入れる必要があると思っています。ファンの皆様、関係者の皆様にご迷惑をおかけして誠に申し訳ありません。